Administratorさまからの発表 報告日2014年06月15日 00時47分 良い評価数は『0』です。

H-QOL
トップページ 無料会員登録 ログイン ヘルプ

イチゴ・苺の栽培方法

イチゴを栽培してみます。イチゴの栽培は、ハウスで行っているのをよくテレビで見ますが、調べてみると寒さに強いとの事でした。プランターでも簡単に育てることが出来るそうですが、この雪が降る寒冷地でも育つのか不安です。
 せっかく畑があるので外で栽培して試してみます。
 今回選んだ品種は、ジャンボイチゴ、女峰、ガーデンストロベリーです。


『イチゴ・苺の栽培方法』の材料リスト

材料など容量・価格など
イチゴ苗200円

イチゴ・苺の栽培方法の説明

 10月下旬
 まずは、土づくりです。適当に耕します。
消石灰を1㎡あたり200g程度まいて耕します(土と混ぜます)。


 11月中旬
 今回選んだ品種は、ジャンボイチゴ、女峰、ガーデンストロベリーです。
 早速、畑に植えました。
 オルトランdxと言う農薬を少しまきました。
 (最初は、他の植物で無農薬を試みましたが、かなり難しいです。
 現在は、最低限の農薬を使用することにしています。)


1月上旬
 雪が降りました。雪に沈みました。


 4月下旬
 気温も上がった事によって、瀕死だったイチゴの苗も元気になり花を咲かせていました。


 5月上旬
 ランナーが生えてきました。
 このランナーを土に植える事で、イチゴの株を増やし繁殖することが出来ます。
 イチゴの収穫時期に、繁殖するとイチゴの実が大きくならなくなる為、ランナーを切ってしまいます


 6月上旬
 イチゴの実が大きくなり、赤く色づいてきました。
 とりあえず、収穫まで至りましたので成功とします。


 6月下旬
 収穫前に切っていたランナーですが、これからは繁殖するので切るのを止めてランナーを伸ばすようにします。
 ランナーの所々に左の写真のように葉っぱが出てきます。
 また、下のほうには根が見えます。
 このままにしておいても根が定着し繁殖し始めます


好き勝手に繁殖されても困るので、適当な位置に植え替えたりして繁殖させます。




Presenter

Administratorさま

発表した数『79

良評価した数『0

良評価された数『0

出典元
節約から幸福生活への道


parent

god


children(0)


生活の質向上に!




人気ブログランキング


Copyright (c)2010 H-QOL.com All Rights Reserved.