Administratorさまからの発表 報告日2014年07月03日 21時01分 良い評価数は『0』です。

H-QOL
トップページ 無料会員登録 ログイン ヘルプ

バイクのバルブクリアランス調整方法

 バイクを乗る上で最も大切なのは、エンジンのメンテナンスです。長年バイクに乗ると不調になる事も有ります。
 アイドリングが不安定になったり、エンジン始動数分程度にカチカチと異音がする(エンジンが温まると異音が消える)。こんな時は、バルブクリアランスを調整することをお勧めします。
 今回のバイクは、Benly 90sです。エンジンはha03系のエンジンですので、カブ、モンキーなども、殆ど同じです。


『バイクのバルブクリアランス調整方法』の材料リスト

材料など容量・価格など
工具一式
シックネスゲージ600円
タペットアジャストレンチ1,470円

バイクのバルブクリアランス調整方法の説明

 まずは、ギヤチェンジペダルを外します。
 左クランクケースを外します。
 古いバイクは色々と錆付いたりしています。そのときは新品に換えましょう。
 部品番号と参考価格です。
 L.クランクケース 11340-198-690 \3,600
 ボルト6×28【96001-6028-00】\50 青丸部分
 ボルト6×35【96001-60-35-00】\50 青矢印部分
 ギヤチェンジペダル【24700-065-920】\1,400
 ボルト6×25【92101-06020-0A】\30 赤矢印


フライホールを反時計回りに回します。


Tマークを合わせマークにあわせます。


タペットアジャスティングホールキャップ【12361-035-000】\215
Oリング30.8mm【91302-001-020】\155
吸気、排気で二つ有ります。
タペットアジャスティングホールキャップを外します。
また、タペットアジャスティングホールキャップを締める時、力一杯閉めると次が大変ですので、力を加減して閉めるか、トルクレンチでトルクを指定(12N/m)して締めることをお勧めします。


 ロックナット、アジャストスクリューを緩めてからシックネスゲージ(HA03は、0.05mmエンジン種類によって厚さが違います)を挿入します。
 シックネスゲージ(0.05mm)がかろうじて抜き取れる程度にアジャストスクリューを締めこみます。
 次に、アジャストスクリューが回転しないように固定しながらロックナットを締めて固定します。吸気、排気両方のバルブを調整します。
 ロックナット、タペットアジャスティング【90206-001-000】\110
 アジャストスクリュー【90012-333-000】\135


 ロックナットを回すと、アジャストスクリューが回転したり上手く固定できない場合は、専用工具のタペトアジャストレンチを使用することをお勧めします




Presenter

Administratorさま

発表した数『79

良評価した数『0

良評価された数『0

出典元
節約から幸福生活への道


parent

god


children(0)


生活の質向上に!




人気ブログランキング


Copyright (c)2010 H-QOL.com All Rights Reserved.